CDプログラム

FIELED LIBRARY Senshu-University School of Network and Information Contents Design Program 2011

activity

10月24日 第5回:プロトタイプ制作

いよいよプロトタイプ(試作版)の制作です!
「企画」として頭や紙の上で考えていたものを、実際に使用状況や動作などが検証可能な、目に見える形にします。
今まで、紙の上だからこそ曖昧にできた部分も、プロトタイプとして制作する中では許されません。
いざ作ってみると「え?そこはそういう風にするってことだったの?」「あれ?ここどうするよ…」といった声がちらほら…。
企画に対する認識のズレや不明瞭な部分など、言葉でいくらでも誤魔化しができた点も、具体化する中でいよいよ浮き彫りになります。
このプロトタイプ制作では、ダンボールやケント紙、粘土など、変更しやすい素材を使うのがポイント。
壊すことを恐れずじっくり試行錯誤して、見えてきた問題点をひとつひとつ改善していって欲しいと思います。