バーチャルシンガー「重音テト」と学生主催の展示会「KOUSA」がコラボレーションをして展示会を行います。多くのクリエイターの活動によって10周年を迎えた重音テトと、情報技術を学ぶ学生たちが、ものづくりの楽しさをみなさんにお届けします。

重音テトの歴史を振り返る!

テト年表

おさわりしたり、話したり!?

等身大テト

ようこそ代表曲の世界へ!

ジオラマ

illustration by 由杞

重音テトは、2008年に有志の手によってエイプリルフールのジョークとして制作されました。その後、歌声合成ツール「UTAU」と出会い、VOCALOIDと同じように歌うことができるバーチャルシンガーとなりました。現在は、重音テトに魅せられた多くのファンの手によって、様々な作品が日々生み出されています。

学生が自主制作した情報技術に関する作品の展示会を運営しています。作品を多くの人に見てもらうことで、ものづくりの楽しさを感じてもらうことを目標に活動しています。