SUNAHARA
PROJECT
2020

SCROLL

About us

~プロジェクト概要~

↑動画で分かる砂原プロジェクト↑

コロナウイルスの流行により
社会では様々な変化が起こりました。
それは教育においても同様です。
大きな社会変化を経て、これまでの教育
はどのように変わっきたのか。
そしてこれからはどう変わっていくべきなのか。
砂原プロジェクトでは、教育の歴史と変遷を
社会変化と関連づけて追求しました。
その結果、メンバー各自が深めた知見や主張
をレポートにしました。

Activities

~活動内容~

個人レポート

メンバー各々が興味のある 分野を調べ、それによって 深めた知見や主張をレポー トにまとめました。

全体レポート

個人レポートを集め、全体 テーマに基づいた見解を追 記した、レポート集を作成 しています。

定期会議

レポートの進捗状況、内容 の深堀・添削、文献の共有 などを目的とした会議を行 なっていました。

活動報告↑

Deliverables

~個人レポート紹介~

*下記リンクよりレポートをご覧いただけます。

1.コミュニケーション教育の歴史

2.グローバル化に対応した英語教育の歴史

3. 日本教育機関における主体性の歴史(変遷)

4. メディア・リテラシー教育の今までとこれから

5. 掃除教育の歴史 ~なぜ生徒による学校掃除なのか〜

6. こころ・精神に関する教育の歴史 〜ストレス教育の重要性〜

7. ゆとり教育の学力低下 〜詰め込み型教育とゆとり教育の学力〜

8. 今後あるべき道徳教育の姿とは 〜COVID-19を踏まえて、教育の歴史から探る〜

Members

~メンバー紹介~

苅谷 胡桃

江田 春希

大和田 充樹

杉山 瑠捺

鈴木 祐太郎

森本 有惟子

平林 秀太

山本 諒

砂原 由和
(担当教授)