沼・太田プロジェクト2020
Responsive image
NE30-0069F 石丸達也 NE30-0190F 伊澤穂香 NE30-0221D 吉野紗耶音 NE30-0135J 染谷颯人 NE30-0200C 加藤健 NE30-0069F 田島亘流 NE30-0193A 村田俊太郎 NE30-0115F 丸山綾史 NE30-0171B 平川大成
Responsive image

旅において「迷う」ということは、一般的にマイナスのイメージがあります。
従来の旅のように目的地などの「目的がある」から迷うことはマイナスになってしまうと考え、「目的のない」不確定な旅であれば、「迷う」ことはプラスになるのではと考えました。
そこで、私たち沼・太田プロジェクトは、大学生グループが「探検」を楽むための旅コンテンツとして、旅すごろくを制作しました。
旅すごろくのランダム性によって不確定な旅を提供します!

お題が出る機能

ランダムの機能

他者との視点が共有できる機能

旅すごろくは、上の3つの機能があります。
お題がでる機能によって、新しい発見をするきっかけを提供しています。
ランダムの機能によって、予想外のことを起こりやすくしています。
他者との視点を共有できる機能によって、自分とは違った体験や感性に触れることができます。



成果物

盤面
webアプリ
Responsive image Responsive image

※画像をクリックでwebアプリを体験できます

プロダクトwebサイト
Responsive image

※画像をクリックでプロダクトwebサイトを開けます。

得られる体験

Responsive image Responsive image Responsive image

普段しないような行動や視点をランダムで体験することで、新たな発見が得られる。

自分で行う体験と、他人の体験を見る体験の2つで、探索や新しい発見が得られる。

旅の景色をよく観察することで、訪れた土地のことに詳しくなる。



Responsive image


旅すごろくのwebアプリを使用します。
webアプリを開いたらまずモードを選択します。
モードには1日遊ぶモードと気軽に遊ぶモードの2つあり、どちらかお好きな方を選択します。

次にサイコロを振ります。
出た目に応じて、盤面でマスを進めます。

サイコロを振り終わるとお題が表示されるので、お題をこなそう!
これを繰り返して、ゴールを目指そう!




調査旅行



東京メトロ謎解きラリー

終点に行く旅

横須賀・鎌倉

既存コンテンツ調査

アイデア出し





プロダクト試遊




Responsive image

twitter

Responsive image

blog