生活変化調査

コロナによってネットワーク情報学部の生徒の学生生活がどのように変化したかを、2020年11月10日の情報キャリアデザインの時間でアンケート形式で調査しました。
生活の変化に対して、学生がどう感じたかなどを詳しく知りたい方は「インタビュー」のページをご覧ください。

※コロナ以前は2019年の11月頃、外出自粛期間中は2020年4月下旬~5月上旬頃を指しています。

1:コロナ以前、自粛期間中、現在での生活形態に当てはまるものを選んでください

コロナ以前の一人暮らしが30%なのに対して、外出自粛期間と現在が共に23%になっています。春休みに実家に帰省してそのままの状態で前期を迎え、現在もそのまま実家から授業を受けているのでしょうか。 (回答者数72名)

2:コロナ以前と現在を比較して起床時間(寝床から起き上がる時間)に変化はありますか?

8割の人が遅く起きるようになったと回答しています。やはり、オンライン授業で通学時間がなくなった分、遅く起きるようになったのでしょうか。 (回答者数72名)

3:コロナ以前と現在を比較して就寝時間(睡眠状態に入る時間)に変化はありますか?

遅くまで起きるようになったという人と変化なしという人がほとんどで、早寝になったという人は少ないという結果になりました。これもやはり、通学時間がなくなって早く起きる必要がなくなったからでしょうか。 (回答者数72名)

4:コロナ以前、現在での朝食を食べる頻度について選んでください

週2日ほど朝食を食べるという人(黄)がコロナ以前の倍になっていることがわかります。コロナ以前だとほぼ毎日学校に行ってたため、早起きする機会も多く、朝食を食べる頻度も高かったです。現在はオンライン授業で遅く起きるようになったため、朝食と昼食が一緒になっているのでしょうか。 (回答者数72名)

5:コロナ以前と現在で食べ始め(1日の最初の食事)の時間に変化はありましたか?

食べ始めが遅くなったという人が過半数を超えています。先ほどの質問でもわかるように、朝食を食べる人が減ったから食べ始めの時間も遅くなる人が減っているのでしょう。 (回答者数72名)

6:コロナ以前と現在を比べて自主的に運動するようになりましたか?

コロナ以前から運動をしていなくて、現在も運動していないという人が過半数です。しかし、コロナになってから運動をするようになったという人は18%も存在しており、コロナ以前から運動をしていた人でもコロナになってからも運動している人としていない人で半数近くに分かれていることがわかります。 (回答者数72名)

7:先ほどの質問で①を答えた方は、運動するようになった1番の理由を選んでください

筋肉をつけるためが半数近くで、体重が気になるからが26%と体を気にして運動を始めた人で2/3を占めています。家にいてばかりだと不健康なイメージがあるため、運動を始める人が多いのでしょうか。 (回答者数15名)

8:コロナ以前、自粛期間中、現在では公共交通機関をどのくらいの頻度で利用しましたか?

コロナ以前は毎日や週6,5など、高頻度で公共交通機関を利用する人が多かったですが、自粛期間中は利用していない、もしくは週2,1という人がほとんどとなりました。現在は自粛期間中よりかは利用するようになっていますが、それでも利用していない、もしくは週2,1日という人が大多数であることがわかります。 (回答者数72名)

9:サークルや部活動、同好会(研究会)に所属していますか? (体育会系、文化系問わず)

(回答者数72名)

10:サークルや部活動、同好会(研究会)に所属している方に質問です。コロナ以前、外出自粛期間中、現在ではどのくらいの頻度で活動していましたか?

コロナ以前は週2,1日活動している人が最も割合が多く、割と高い頻度で活動していたのに対して、自粛期間中は活動していないが87%、現在でも65%とコロナの影響によってサークル活動ができていないという人がかなり割合を占めていることがわかります。 (回答者数32名)

11:新歓活動はどのようにして行いましたか?(複数選択可)

何もしていないという部やサークルが42%と多くなっている一方で、新歓活動を行なっている部やサークルはSNSやzoomなどオンラインで開催していることがわかります。 (回答者数33名)

12:サークル活動で何か不安なことはありますか?(ネット上に公開されることを留意)

回答一覧

新入部員が入るかどうか不安だという声が最も多く、役職の引き継ぎができない、機材の運搬費用がかかってしまうなど、そのサークル独自の悩みも多いようです。 (回答者数14名)

13:外出自粛期間から現在に至るまで、授業以外の時間で大学の友達と会話(チャットを除く)はどのくらいの頻度でしていますか?

週に数回と月に数回が共に30%超えていて、全くしていないという人も25%いることがわかります。会話をしている人だけで見たら75%近い数字になっていて、元の日常に戻りつつあることを感じますね。 (回答者数72名)

14:外出自粛期間から現在に至るまでに何か新しいことを始めましたか?

(回答者数72名)

15:先ほどの質問で「はい」と答えた方は、具体的に何を始めたかを記入してください (ネット上に公開されることを留意)

回答一覧

SPI対策やUIの勉強といった、知識の習得に目覚める者や筋トレやスポーツなど体を動かし始める者、料理やゲームなど新しく趣味を始めるなど様々な傾向が見ることができます。 (回答者数21名)

16:外出自粛期間から現在に至るまで、特に時間をかけて取り組んだものはありますか?

(回答者数72名)

17:先ほどの質問で「はい」と答えた方は、特に時間をかけて取り組んだものを具体的に記入してください(ネット上に公開されることを留意)

回答一覧

動画編集やゲーム制作、楽曲制作などクリエイティブな活動に特に時間をかけた人が多く見られます。 (回答者数14名)

18:対面授業と比較して、オンライン授業で便利になったと思うことを一つ記入してください (ネット上に公開されることを留意)

回答一覧

通学時間がなくなったことで、その分の時間を有意義に使えるといった意見が最も多く出ました。また、黒板やホワイトボードが見えにくくなることがない、いつでもどこでも授業を受けることができるなどオンライン授業ならではの特徴をあげて便利になったという人も多くみられます。 (回答者数72名)

19:対面授業と比較して、オンライン授業で不便になったと思うことを一つ記入してください (ネット上に公開されることを留意)

回答一覧

課題量が多くなった、管理が大変など課題について不便になったと述べる人もいれば、グループワークがしにくくなったり授業を受けている感覚がないなど、オンライン授業特有の雰囲気に不便だと感じている人も多くいます。中には不便を感じないという人も多く、意見が分かれる結果になりました。 (回答者数72名)

20:対面授業時は空きコマ(昼休みを除く)の時間に、主に何をしていましたか (3つまで選択可)

(回答者数72名)

21:オンライン授業時は空きコマ(昼休みを除く)の時間に、主に何をしていますか (3つまで選択可)

オンライン授業になってから、空きコマに昼寝をするという人が25%増加していることがわかります。オンラインで家で授業を受けるので、いつでも寝られる環境が近くにあることが影響しているのでしょうか。空きコマに課題をやるという人が減ったのは、家だと課題以外にもいろんなことをできるからだと考えられます。 (回答者数72名)

22:授業中の集中力はどうですか?

やはり対面の方が集中力が高いという人が半分と、多い結果になりました。先生が実際に前にいる環境と自分一人で受講するオンラインでは集中力に差が生じることがわかる一方で、対面とオンラインも変わらないという人が33%と意外と多いことがわかります。 (回答者数72名)

23:オンライン授業になってから授業内容の理解度に変化はありますか?

集中力は対面授業の方が高いという人が半分もいましたが、理解度は対面もオンラインも変わらないという人が過半数を占めています。集中力と実際の理解度はあまり比例するものではないのでしょうか。 (回答者数72名)

24:オンライン授業になってから課題の量に変化はありますか?

オンラインで不便に感じる点でも多く記述されていたように、課題の量は増えたという人が半分と最も多い数字であることがわかります。先生もオンライン授業で生徒の理解度を上げるために課題を多く出しているのでしょう。 (回答者数72名)

25:オンライン授業になってから授業外に勉強(予習、復習)する時間に変化はありますか?

変わらないという人が過半数を占めていることがわかります。課題の量は増えた分、予習と復習になかなか時間を割けない人が多いのではないかと予想しましたが、減ったという人は15%で最も少ない数字になっています。 (回答者数72名)

26:オンライン授業になってから自身の欠席率に変化はありますか?

変わらないという人が52%、欠席率は下がったという人が39%で、欠席率は上がったという人はわずか8%という結果になりました。やはりオンライン授業で家にいながら受けれるようになったため、学校に行かなくても気軽に授業に参加できるというところが大きいのだと考えられます。 (回答者数72名)

27:オンライン授業になってから自身の遅刻率に変化はありますか?

変わらないという人と遅刻率は下がったという人が大多数を占めていました。これもやっぱり、大学に通学する必要がなくなり、遅く起きても1限や2限に間に合うようになったことが影響していると考えられます。 (回答者数72名)

28:オンライン授業になってから単位の取得についてどう感じていますか?

単位取得が容易になったという人と変わらないという人で大多数を占めていることが分かりました。課題の量は増えましたが、試験が減ったというところでこの結果になったと考えられます。 (回答者数72名)

29:現在、あなたはオンライン授業と対面授業ではどちらの方が良いと感じていますか?

オンライン授業の方が良いという人が66%と対面授業よりも多いことが分かりました。通学時間がなくなったり、単位取得が容易になったと感じる人が多いというのが要因として主に挙げられます。 (回答者数72名)

30:現在、アルバイトやインターンをしていますか?

(回答者数72名)

31:アルバイトやインターンについて、コロナによってなんらかの影響を受けましたか?

(回答者数72名)

32:先ほどの質問で「はい」と答えた方は、受けた影響を簡潔に記入してください (ネット上に公開されることを留意)

回答一覧

コロナによってアルバイトやインターンに影響が出たという人が過半数を占めています。受けた影響については、アルバイトのシフトが減ったというのが最も多く挙げられています。中にはインターンがオンライン開催で受けやすくなったとポジティブな影響も出ていることが分かりました。 (回答者数38名)

33:外出自粛期間中と現在のアルバイトやインターンによる収入はコロナ以前と比べてどうでしたか?

やはり、外出自粛期間中は収入が減ったという人が最も多い割合となっていました。先ほどの質問でも出てきた、シフトが減ったり営業停止になったという影響がもろに結果に出てきていると感じました。 現在は変わらないという人が最も多く、日常が戻りつつあるのだと考えられます。 (回答者数72名)

34:外出自粛期間中と現在のお金の出費はコロナ以前と比べてどうでしたか?

外出自粛期間中は出費が減ったという人が最も多いことが分かりました。やはり外出できなくて外食費や娯楽費が節約できたということが大きいのだと考えられます。 収入と同様に現在は変わらないという人が最も多くなっていました。 (回答者数72名)

35:外出自粛期間中、コロナ以前と比べて出費が『増えた』と思うものはどれですか? (複数選択可)

外出自粛期間中は家にいることが多く、趣味に対するの出費が増えたという人が多かったです。 外出自粛期間中に出費は減ったのはやはり交通費や食費、交際費といった外出することが嵩んでしまうものが多くなっていました。 (回答者数72名)

36:外出自粛期間中、コロナ以前と比べて出費が『減った』と思うものはどれですか? (複数選択可)

現在も外出自粛期間中と同じように趣味に対しての出費が増えたという人が多かったです。 そして現在も交通費が一番減ったという人が最も多くなっていますが、外出自粛期間中と比べると穏やかになっている印象を受けます。 (回答者数72名)