Member

福冨忠和 教授

プロジェクト担当教員。最終的な決定権は全てこの人にある。プロジェクトが始動したばかりの頃、「プロデューサーは私です!」という名言を残している。学生がたるんでいるときには、はっきりと喝を入れてくれる。

清水志純

映像に関しての知識はプロジェクト1であり、頼りがいのあるリーダー。ミーティングで話がそれた時は、程よく話を戻すといったON・OFFの切り替えが上手である。ミステリアスな雰囲気を醸し出しているが、実際そうでもない。酔うとものすごく面倒なので要注意だ。

大西啓介

なんでも器用にこなすサブリーダー。技術面、デザイン面、カリスマ性をバランスよく身につけている。気が済むまで一つのことをより完璧に近づけようと努力する。たまに突っ走り周りが見えなくってしまうこともある。バイク大好き、自称女嫌い。しかし、よくちょっかいを出している。

簑口直行

高い鼻がチャームポイント。丸メガネをかけると鼻が偽物に見える。取材によく行っている。放送中の無茶振りで行った「芦田愛菜」のものまねはみんな忘れない。趣味はトイレに居ること。良くも悪くも想像力豊か。リーダーと一緒に笑っている時はろくな事を考えていない。

塚本貴紀

キャンパスライブのほとんどの動画をこの人が担当している。真面目くんだが、実は人の話を聞いていないことが多い。左手にガラケー、右手にiPod touchを装備し、よくわからない音ゲーをしている。ものすごくいじられる。その場にいないほうが面白いとよく言われている。

市野澤京平

アイドルおた。エセチャラ男などと言われているが、頭がよく、いかに楽が出来、簡単に物事が進むかを常に考えている。実はガラスのハートをもったピュアボーイ。言われた仕事はしっかりとやる。メンバーの中で一番チラシ配りが上手い。飲み会の幹事担当。

勝又航

いるだけで笑いが生まれる。とにかく元気で声が大きい。そして滑舌が悪い。可愛いTシャツ、パーカー、スウェット姿でよく現れる。プロジェクトの中では最もコミュニケーション能力に長けている。キャンパスライブではトーク力を買われ、多く出演をしている。

斎藤真希

かわさきワンセグの裏番長。ほぼすべてのデザインを任されている。思い通りにことが進まないと気が済まない完璧主義者であり、曲がったことも大嫌い。男前。辛口でメンバーにも先生にもはっきりと考えを話す。褒めると照れるという乙女な部分もある。

加藤千香子

コスプレしたりポッキーゲームしたり・・・放送のためなら体を張ってくれるかわさきワンセグのお姉さん的存在。別名:かわさきワンセグの壇蜜。PRの手伝いや、データをWebにアップするなどといった、人がやらないような仕事を率先してやっている。

安平麻貴

キノコ大好き。軽音楽に所属しており、先輩とバンドも組んでいるベーシスト。本人よりもベースの方が大きい。かわさきワンセグのマスコット的存在。よく番組のオチとして使われる。漬け物が食べれない。放送回数全3回の「教えて安平先生」は伝説となっている。

松野莉奈

ミーティングの議事録を担当している。とにかくポジティブで元気。ナビゲーターやレポーターを担当する事が多い。家が遠く、来るだけでも大変。すっぴんを見た者は誰もいない・・・。

狐塚友紀子

東京出身。だが、沖縄出身とよく間違えられる。中身はおっさん。Facebook、Twitter、Webのアカウントを駆使してプロジェクトの存在を世に知らしめている。Webを担当しながらも取材の回数はトップクラスであり、フットワークの軽さが見受けられる。