プロジェクト概要

私達の生活には欠かせない存在になったアプリですがアプリの存在が 私達の普段の生活をどれくらい快適にしているのでしょうか。 本プロジェクトはターゲットを専修大学ネットワーク情報学部(通称:ネ学)の学生に絞り 「ネ学生の大学生活をより快適にするには どのようなアプリがあれば良いのか」というテーマの元、 ネ学生専用のAndroid時間割アプリの開発を行いました。 アプリ開発のプログラミング言語にはKotlinを使用し、勉強を行いました。 また、サーバーサイドの機能はfirebaseを用いて開発を行ってきました。





プロダクト



githubに成果物をあげたので確認してみてください。画像をクリックすると飛びます。
「app/src/main/java/com/suzukimotoe」からソースコード、 「app/src/main/java/res/layout」からレイアウトファイルが見れます。




活動記録

tumblrという情報共有サイトで日々の活動記録をアップしています。


Twitterも行っております。




メンバー

Hironobu Suzuki                          Wataru Motoe

Masaru Okimoto

データベース班

Youhei Suzuki

データベース班

Shouta Ishida

デザイン班

Yushi Onose

デザイン班

Hibiki Hirosawa

プログラミング班

Hyuma Katou

プログラミング班

Mitsuki Kobuchi

プログラミング班