Introduction

2つの活動方針でのプロジェクト進行

私たちは本来「日常はドラマチックである」と気づいてもらうためのガジェットを制作するというテーマで起案された。前期までの活動ではテーマについて意見を出し合い企画を立てるコンセプト重視の活動に取り組んだ。

しかし、テーマや用語に対してメンバーごとに異なった解釈をしていることに気づかず活動を続けていた。そのため進行する中で問題が発生し、企画が倒れることが多々あった。そして、次第にメンバーのモチベーションが下がり、進捗報告を怠ることや期限を守らないことが増えてきた。

そこで中間発表以降は、テーマを変更し、進捗報告や期限を守るなどプロジェクトに置いて最低限必要なルールを守り成果物の完成を目指すプロセス重視での活動に取り組んだ。

Contents

コンセプト重視

コンセプトをしっかりと定め、テーマの課題解決を目指す

この期間の活動では、成果報告で成果物を発表することに重点を置くのではなく、コンセプトをしっかりと定め、テーマの課題を解決できる方法を詳細に決めることに重点を置いた活動に取り組んだ。

しかし、会議を進めていく中で単語の意味やテーマに対してメンバー間でギャップが発生しているという問題に気が付いた。そのため、テーマの課題を解決する為の企画を考える前に、そのギャップを解消することを優先して取り組んでいる

プロセス重視

プロジェクトとして最低限の活動を行い、成果物の完成を目指す

この期間の活動では、進捗報告や期限を守るなどプロジェクトにおいて最低限必要なルールを守ることで成果物の完成を目指した活動に取り組んだ。

夏休みに大学に集まり、基本となるアプリを完成させた。後期に入ると、そのアプリを基にテーマやコンセプトを再考し、別のテーマでアプリの完成を目指した活動に取り組んでいる。

成果集

成果集のAIとPDFになります。

Member

Activity

Tumblr