(後)コンピュータ史 レポート課題

コンピュータがどのような社会的要請により誕生し、アーキテクチャや性能がどのように進歩したかを、
貢献した人々の人物と思想を織り交ぜながら概観する。初期のコンピュータから汎用大型機への進歩、
並列コンピュータやスーパコンピュータにみられる高速計算方式、マイクロプロセッサの誕生と
パーソナルコンピュータ、インターネットの発展と社会への影響などを学習する。過去を振り返って
未来を展望することが目的である。
= 講 義 進 行 予 定 =
1.	学習の進め方、評価、コンピュータ技術の過去から未来へ
2.	計算機械の発明、創造の過程と発明
3.	人間の思考と機械、アルゴリズム、アラン・チューリング
4.	電子計算機の誕生1:アタナソフ、モークリーとエッカート、
5.	電子計算機の誕生2:フォンノイマンとウィーナー、ウィルクス
6.	IBMと米国コンピュータ企業の興亡
7.	日本におけるコンピュータ産業の始まり 岡崎文次文献リスト
8.	超高速コンピューティングの起源と発展
9.	クレイとスーパコンピュータ
10.	集積回路の誕生とインテルのマイクロプロセッサ
11.	アラン・ケイとゼロックスパロアルト研究所(PARC)
12.	パソコンの時代:Appleとマイクロソフト
13.	インターネットの起源と発展
14.	ユビキタス・ネットワーク社会への変革
15.	情報技術の未来
教科書・参考書:必要に応じて資料を配布する。
参考ウェブページ:綿貫理明、「コンピュータの歴史」、1996
(http://www.senshu-u.ac.jp/~thn0507/W-history/HistoryofComputer.htm
評価方法:出席20%、レポート課題30%、試験50%