Publication

Osaaki Watanuki, School of Network and Information Science, Senshu University

Computer Applications

  • 永作智史、西村香菜、丸山修一、松永賢次、綿貫理明、「ジェスチャー入力インタフェースの開発とプレゼンテーションへの応用」、情報処理学会研究報告、2006-IS-95pp.85-92200631617
  • 三船、山田、澤津、小坂、綿貫、飯田、「P2P技術を利用したデータ解析プログラム―P2Pの新たな活用法―」、専修ネットワーク&インフォメーション、pp.47-50No.6200411
  • 三船、山田、澤津、小坂、綿貫、飯田、「P2P技術を利用したアンケート集計システムの設計と開発」、情報処理学会研究報告、2004-IS-87pp.39-462004323
  • 綿貫理明、「超高速コンピューティングの思想史−時空間の制御から見た高速処理の方法論−」、情報科学研究、専修大学情報科学研究所, No.24, pp.27-44, 2003
  • 猪平、斎藤、高津、出口、渡辺、綿貫、「ユビキタス時代の情報管理概論 情報・分析・意思決定・システム・問題解決」、共立出版、20034
  • 綿貫理明、「ハードディスク装置の未来:−思考と計算の狭間における記憶装置の進化−」、専修ネットワーク&インフォメーション、pp.29-32No.320033
  • 綿貫理明、“記憶装置の未来:人間と機械の思考が共生するとき”、IDEMA Japan News, No.47, March-April, pp.3-6, 2002
  • 金子郁夫、松永賢次、綿貫理明、 "表形式とニュース形式の情報を対象としたWeb情報抽出ソフトウェアの構築", 情報科学研究所所報、 専修大学情報科学研究、No.552001
  • 綿貫、松永「CD−ROMを使用した電子出版の試み」専修経営研究年報、専修大学経営研究所、No.2420003
  • 猪平、齋藤、高津、出口、和田、綿貫「インターネット時代の情報管理概論−情報、システム、意思決定」共立出版、1999
  • 綿貫、松永「HTMLによるイントラネットユーザインターフェイスの記述について」専修経営研究年報、専修大学経営研究所、No.2219983
  • 石原、魚田、大曽根、斎藤、出口、綿貫「コンピュータ概論−情報システム入門」共立出版、1998
  • 松永賢次、綿貫理明、 "学生の電子メールの利用状況と教育について", 情報科学研究所所報、 専修大学情報科学研究、 1996
  • 綿貫理明、 "コンピュータの歴史", 情報科学研究所所報、 専修大学情報科学研究所、No.431996

High-Density Recording

  • 綿貫理明、 "超高密度垂直記録用プローブ型ヘッドの有限要素法シミュレーションによる検討", 情報科学研究、 専修大学情報科学研究所, No.18, pp.1-11, 1997
  • K.Kobayashi and O.Watanuki, "Polarization Contrast in Near-Field Optical Microscopy", J. Vac. Sci. Technol. B 15(6), pp.1966-1970, Nov./Dec. 1997.
  • 綿貫理明、 "超高密度記録ヘッド構造の2次元静磁界有限要素法シミュレーションによる検討", 情報科学研究、 専修大学情報科学研究所, No.17, pp.1-14, 1996
  • K.Kobayashi and O.Watanuki, "Polarization-Dependent Contrast of Near-Field and Far-Field-Propagating Signal Intensities in C-Mode Scanning Near-Field Optical Microscopy/Photon Scanning Tunneling Microscopy", OPTICAL REVIEW, Vol.3, No.6B, pp.447-449, 1996.
  • K.Kobayashi and O.Watanuki, "Characteristics of Photon Scanning Tunneling Microscope Read-out", J. Vac. Sci. Technol. B 14(2), pp.804-808, March/April 1996.
  • 綿貫理明、小林潔、 "走査型プローブ顕微鏡による超高密度記録技術の動向", 情報科学研究、 専修大学情報科学研究所, No.16, pp.49-63, 1995
  • S.Tsuji and O.Watanuki, "Matteucci effect of an amorphous alloy tip used for high-density magnetic recording with a scanning tunneling microscope", J. Vac. Sci. Technol. B 12(3), pp.2144-2147, 1994.
  • 綿貫理明、辻 智、”走査型プローブ顕微鏡による超高密度記録技術", O plus E (新技術コミュニケーションズ社)、No.164, pp.108-117, 19937
  • O.Watanuki, F.Sai, and K.Sueoka, "Magnetic force sensing STM: Novel application of STM for simultaneous measuremnt of topography and field gradient of magnetic recording heads", Ultramicroscopy (North-Holland), No. 42-44, pp.315-320, 1992.
  • O.Watanuki et al., "Small magnetic patterns written with a scanning tunneling microscope", IEEE Trans. Magn., Vol.27, No.6, pp.5289-5291, 1991.
  • O.Watanuki et al., "Direct measurement of side fringe field and two-dimensional head field using high-resolution inductive loop", IEEE Trans. Magn., Vol.MAG-23, No.5, pp.3164-3166, 1987.

Algorithms, Parallel Computation

  • 綿貫理明、 金子豊久、”N分割ラベルヒストグラム法による不特定話者単語音声認識”、電子情報通信学会論文誌D Vol.J71-D, No.3, pp.516-522, 19883
  • O.Watanuki and T.Kaneko, "Speaker-independent isolated word recognition using N-segment label histogram method", Systems and Computers in Japan, Vol.20, No.7, pp.20-28, 1989.
  • O.Watanuki and T.Kaneko, "Speaker-independent isolated word recognition using label histograms", Proceedings of ICASSP, pp.2679-2682, April 1986.
  • O.Watanuki and M.D.Ercegovac, "Error analysis of certain floating-point on-line algorithms", IEEE Trans. Comput., Vol.C-32, No.4, pp.352-358, April 1983.
  • O.Watanuki and M.D.Ercegovac, "Floating-point on-line arithmetic : algorithms", Proc. 5th Symposium on Computer Arithmetic, pp.81-85, May 1981.
  • O.Watanuki and M.D.Ercegovac, "Floating-point on-line arithmetic : error analysis", Proc. 5th Symposium on Computer Arithmetic, pp.87-91, May 1981.
  • O.Watanuki, "Floating-point on-line arithmetic for highly concurrent digit-serial computation : application to mesh problems", Ph.D. Dissertation, UCLA Technical Report, UCLA-ENG-8107, 1981.

Presentations

  • 綿貫「就職活動とCOD」専修大学情報科学研究所平成13年度第3回研究会「COD特集」、平成14226
  • 綿貫「情報技術の変遷」平成13年度専修大学社会教養講座、2001428
  • 綿貫「超高密度記録ヘッド構造の2次元静磁界有限要素法シミュレーションによる検討」専修大学情報科学研究所定例研究会、19973
  • 綿貫「超高密度磁気記録技術の動向」専修大学情報科学研究所定例研究会、199512
  • K.Kobayashi and O.Watanuki,"Characteristics of Photon STM Read-out", STM'95 Conference, July 1995.
  • S.Tsuji and O.Watanuki, "Matteucci effect of magnetic tips for STM recording ", PO/SP07, STM'93 Conference, August 1993.
  • 綿貫理明、「走査型プローブ顕微鏡による超高密度記録技術」光産業技術振興協会光デイスク懇談会、19931
  • O.Watanuki et al.,"Magnetic Force Sensing STM: Simultaneous Mesurement of Field Gradient and Surface Topography of a Recording Head", 30aA-5, 日本応用磁気学会学術講演会、p.160 19919
  • 辻、清水、綿貫、「SXM記録用磁性体針に関する考察」30aA-7, 日本応用磁気学会学術講演会、p.16219919
  • 綿貫「走査型トンネル顕微鏡による微細磁気パターンの記録」日本応用磁気学会第25回マイクロ磁区専門研究会、19919
  • 綿貫「STMによる微小磁気パターンの形成」日本潤滑学会ファイル記憶のトライボロジー研究会、19919
  • O.Watanuki, "Applications of STM to Magnetic Rceording", presented IBM Watson Research Center and IBM Zurich Research Laboratory, August 1991.
  • O.Watanuki, F.Sai, and K.Sueoka, "Magnetic Force Sensing STM for Studying Head Field and Topography", 2H/95, Proc. STM'91 Conference, p.210, 1991.
  • O.Watanuki et al.,"Small magnetic patterns written by Scanning Tunneling Microscope", MA-03, INTERMAG'91, p.302, 1991.
  • O.Watanuki et al.,"Small magnetic patterns written by scanning tunneling microscopt", 9pB-7 日本応用磁気学会学術講演会、199010
  • O.Watanuki et al., "Direct measurement of side fringe field and two-dimensional head field using high-resolution inductive loop", EB-06, INTERMAG'87, 1987.
  • O.Watanuki and T.Kaneko, "Speaker-independent isolated word recognition using label histograms", ICASSP, April 1986.
  • 綿貫他、「N分割ラベルヒストグラム法による不特定話者単語認識システム IBMPCATによる試作」3-3-9日本音響学会講演論文集、pp.107-108、昭和6110, 1986
  • 綿貫他、「ラベルヒストグラムによる不特定話者単語認識」1-1-3日本音響学会講演論文集、pp.5-6、昭和613, 1986
  • 綿貫他、「マルコフモデルによる不特定話者単語認識」2-4-19日本音響学会講演論文集、pp.87-88、昭和609, 1985
  • 綿貫他、「DP及びマルコフモデルによる不特定話者単語認識比較実験」1-4-14日本音響学会講演論文集、pp.27-28、昭和603, 1985
  • 綿貫「浮動小数点オンライン演算法の誤差について」1Q-2 情報処理学会第29回全国大会、pp.1497-1498, 昭和59年後期、1984
  • 綿貫「オンライン演算法による浮動小数点加算について」3Q-5 情報処理学会第28回全国大会、pp.1323-1324, 昭和59年前期、1984
  • O.Watanuki and M.D.Ercegovac, "Floating-point on-line arithmetic: error analysis", 5th Symposium on Computer Arithmetic, May 1981.
  • O.Watanuki and M.D.Ercegovac, "Floating-point on-line arithmetic: algorithms", 5th Symposium on Computer Arithmetic, May 1981

Miscellaneous

綿貫理明、文献紹介(抄訳)「Helmut Schmidt(2000), PK Tests in a Pre-Sleep State, The J. of Parapsychology, 64, 317-331」、「超心理学研究」、Vol.10,No.12pp.53-60200512